投稿日:

汚れの由来を知ってすっきり!頑固な水垢の落とし方

motto Buono店長のすずきです!

気がついたら、鏡が水垢で常に汚れている…。
そんな経験ありませんか?
お風呂やキッチン、洗面所など、とにかく水をよく使うところで水垢は発生します。
我が家も鏡の汚れがひどくて、「汚れている」ことに気がついていても、掃除が面倒でついつい放置になりがちな場所です…。

そんなやっかいな「水垢による汚れ」
最初は軽い汚れでも、放っておくと、だんだん固い汚れになってしまいます。
そうなる前に、きれいに取り除く方法をお教えしましょう。

そもそも水垢ってどんな汚れ?

水垢は、もともと水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分が、水が蒸発することによって、鏡や蛇口などに白く残ってしまうことで発生します。

最初は見えない汚れなのに、時間が経つとだんだん見えてきてしまうことがやっかいなんですね。

しかも、水垢は時間が経てば経つほど、積もり積もって頑固な汚れになってしまうのが困りもの。
スポンジなどでは簡単に落ちないという経験を、皆さんもしたことがあるのではないでしょうか?

そんな頑固な水垢が、もしできてしまったら!?
頑固な水垢を、すっきりと落とす方法をお教えします。

1.「酸」で溶かして落とす

水垢は「アルカリ性」で作られた汚れなので、反対の「酸性」の洗剤を使うと中和され、簡単に落とすことができます。
「酸性」の洗剤といえば、クエン酸が有名。
クエン酸は100円ショップなどでも簡単に手に入りますので、少量を水に溶かしたスプレーボトルに作っておくと、他の掃除にも使えて便利ですよ♪

2.こすって落とす

硬化してしまった水垢は、直接こすって(削って)落とす方法も有効。

  • 重曹で磨く
  • メラミンスポンジで磨く

ことで、頑固な水垢がスルスル落ちるのを実感できることでしょう。

重曹やメラミンスポンジも、ドラッグストアや100円ショップで手に入れることができます。
どちらも常備しておくと本当に便利なアイテムですね。

固くなる前に水垢を予防しよう

水垢は見た目も汚く、鏡の視界を妨げるので、日頃の予防が肝心。
頑固な水垢になる前に水滴を拭いておく方が、後々の掃除がとても楽になります!!

そうは言っても、いちいち雑巾をそのたびに取り出すのも面倒だし…
そんな気持ちもよくわかります!

「これは使える!水垢とりスキージー 」は、水垢予防&できた後の水垢退治ができる便利なアイテム。
小さくてフックにかける穴が空いているので、常に水回りのお側に引っ掛けておくと便利。

これは使える!水垢とりスキージー W596

黒い面は、柔らかいスキージーでできていて、鏡面を拭き取ることで水滴を取り除きます。

スキージーにかぶさる緑のスポンジ部分は、マーナ独自のハード樹脂加工がされていて、ガンコな水垢をしっかりこすり落とします。

キッチン用、お風呂用、洗面所用…と、場所別に揃えておくと、いちいち取りに行くこともなく、便利ですね!

また、キッチンの蛇口まわりの水垢落としには、このアイテムがおすすめ。

コレは使える!蛇口まわりの水垢落とし W342

狭くてスポンジやブラシなども入りづらい蛇口まわり。専用アイテムを使えば、とても簡単にぴかぴかに!
長い紐状の形が狭い部分にもしっかりとからみつき、入り込みます。

蛇口などの金属部分は、しっかり磨いてツヤを出しておくと、台所まわりの見た目が本当に変わり「キレイ!」というイメージになるので、日常的に欠かせない掃除スポットですね。

***

以上、水垢の予防と撃退方法について、お伝えしました!

さっそく家の水垢を掃除したくなったのではないでしょうか?

便利な掃除アイテムを身近に揃えて、楽しくお掃除しましょうね。